Apr 07, 2015

ボディーコンディショニング body conditioning

IMG_0584
私のYogaの師匠、Michael Glenn先生。 
今回はヨガではなくて、光栄なことにタイヨガマッサージの施術をさせていただきました。

数週間前にアメリカから帰国したマイケル先生、長時間のフライト等で未だにどうも腰回りの固さが気になるとの事で、スペシャルケアのタイマッサージにトークセンをミックスしての施術。お互い自分以外の身体にも向き合い、身体が資本な者同士、そういう固さや歪みにもの凄く敏感なのはよくわかる。

怠け者のヨガと呼ばれるタイヨガマッサージをヨガの師匠に施す幸せ。
足先から細かく解しながら、筋肉の堅さや歪みを調整しつつ、ストレッチとトークセンの両方で凝り固まった部分を溶かす様にアプローチ。さすがは師匠、身体が柔軟なので、普通のストレッチに加えて少し負荷を掛けるような手技を使いながら、繊細に変化する筋肉の状態に集中し、瞑想的な施術はあっという間だった。

私自身も、ヨガや呼吸法での日頃のセルフメンテナンスで身体を整えきれないときは、信頼のおける専門の方にお任せするようにしている。
身体と常に向き合い表現するバレリーナやアーティストの方々も、定期的なボディーコンディショニングにタイヨガマッサージを取り入れている。
気丈に、自分でなんでも解決するのは素晴らしいことだと思うけれど、時には人に身を委ねることで開く心と体。
ほっと力を抜いて、委ねることで得る安心感や幸福感って、やっぱり大切な事だなとしみじみ感じる。

Mar 31, 2015

お腹のケア〜潜在意識と内臓の関係

私たちの意識は 90 〜 95% が潜在意識といわれ、それは意識していない(意識できない)ものです。感情を制御し生活する中で、意識していない沢山の記憶や感情がその潜在意識の中に、そして、それは内臓にも蓄積されていきます。

こうでなければいけない。こうあるべきなんだ、という思考で生活するうちに、心と身体のギャップは大きくなり、身体の不調がサインとなって私たちに知らせてくるまで、そのギャップになかなか気がつけないことが多いものです。

内臓も消化不良を起こし、消化されなかったものによって不調をきたしますが、それと同様に、感情も必要な時間を掛け消化していくなかで、消化不良を起こした感情は内臓に蓄積されていく。その消化のプロセスを助け、また無意識下に溜まった感情を手放していくためにも、やさしく自分のお腹を触わる習慣は、心身の健康にとても役に立つ事でしょう。

Mar 10, 2015

ワークショップ【セルフ腹部ケア 〜 チネイザン&ヨガ 〜】Self abdominal care Chi Nei Tsang & Yoga workshop in Tokyo

treatment_chineitsang

unikuuで大人気のトリートメント《腹部マッサージ チネイザン》のテクニックから、毎日のお腹のセルフケアに使える簡単な方法をご紹介します!

内臓と感情に働きかけるお腹のセルフケア。
自分で簡単に毎日実践できるお腹のマッサージと、消化器系に働きかけバランスを良くするヨガ プラクティスのワークショップです。
チネイザンは自分のお腹を触って、内臓とそこに潜む感情に働きかけ、心と体を同時に浄化し、バランスを取り、自分が本来持っている生命力を高めるトリートメントです。
内臓の働きと心のバランスに効果的なヨガのアサナも取り入れ、毎日のセルフケアに役立つ簡単な方法をご紹介します。
冷え性、便秘、ストレス解消、疲労回復などに効果的なホリスティックなアプローチです。
※マッサージやヨガ初心者の方々もお気軽にご参加頂けるワークショップです。
【日時】3月21日(祝) 9am 〜 12pm  (3 時間)
【場所】unikuuスタジオ(最寄り:品川駅) ※お申込み頂いたの方にお知らせ致します
【料金】¥4500
【定員】10 名
【持ち物】動きやすい締め付けのない楽な服装 上下 (ヨガマットはスタジオにございます)
☆ワークショップの最後には、
腸内環境を整えるノンシュガー&ノンアルコール の《甘酒 イチゴ スムージー》をご用意しています。
お問い合わせ、お申込みはこちら→ emiko@unikuu.com
チネイザンの詳細はこちら → http://unikuu.com/treatment-chi-nei-tsang/